AGA治療効果改善がない場合  AGA(男性型脱毛症)情報対策サイト

AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療まとめサイト(薄毛、頭髪、ハゲなど頭髪悩み)

AGA(男性型脱毛症)の治療でも効果・改善がない場合について

AGAトップ > AGA(男性型脱毛症)の治療でも効果・改善がない場合について



>AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療まとめサイト(薄毛、頭髪、ハゲなど頭髪悩み)AGA(男性型脱毛症)の治療で効果・改善がない場合

AGAの治療をしても残念ながら効果がでないひともいます。 その場合には、さらに強力な薬を使用するか、AGA治療以外の方法を考える必要があります。

原因1「薬が効きにくい体質」

AGA(男性型脱毛症)以外の抜け毛の予防対策 高カロリーな食事

プロペシアも使用者の10%は効果がないと報告されています。 プロペシアの効果は、DNA配列「cagリピート」の長さが関係しています。

AGAチェックはこの「cagリピート」を調べる検査で、 プロペシアが効きやすい体質なのか知ることができます。 プロペシアを使用する前に効果測定します。

AGA(男性型脱毛症)チェック参照

原因2「AGA以外の脱毛の原因がある」

AGA(男性型脱毛症)以外の抜け毛の予防対策 高カロリーな食事 AGA(男性型脱毛症)以外の抜け毛の予防対策 睡眠不足 AGA(男性型脱毛症)以外の抜け毛の予防対策 タバコ・喫煙

ストレス、不規則な生活、睡眠不足、食事・栄養などそれ以外の原因が考えられます。 AGAチェックでDNAからAGAであるか調べることができます。 もしAGAでないならば、他の脱毛の原因を考えなければなりません。

ストレス、不規則な生活、睡眠不足、食事・栄養などを改善していく必要があります。

AGA(男性型脱毛症)以外の予防対策参照

原因3「毛根が死滅」

AGA(男性型脱毛症)以外の抜け毛の予防対策 毛穴つまる

毛が生えなくなって長い時間がたっている場合、すでに毛根が死滅している可能性があります。 もし毛根自体が髪の毛を生やす能力がなくなってしまっている場合には、 AGA治療を行っても生えてくることはないといえます。

AGA治療は脱毛抑止の治療であって、発毛ではありません。 もっとも、AGAが進行していても、実はうぶ毛が残っている場合があります。 その場合、うぶ毛がまた髪の毛のサイクルが正常に戻って、また成長して増毛する可能性があります。 そのため、見た目的に発毛したように見えるため、発毛したと思われてしまうようです。 したがって、毛根が完全に死滅していない早期のうちに対策することが重要です。

毛根が完全に死滅している場合には、AGA治療は効果が認められません。 あとは外科的治療によることになります。 現在行われている外科的治療としては、植毛があります。 植毛には自毛を移植する「自毛植毛」と医療用に開発された人口毛を移植する「人口毛植毛」があります。

それ以外には、ヒトiPS細胞やSTAP細胞(未確認)を用いた治療が研究されています。

【自毛植毛】
後頭部や側頭部などの抜けにくい部分の毛根を増殖したいところに移植する方法です。 「自分の髪のため自然」「生え続けるのでメンテナンスが不要」「定着率高い」などが特徴です。 ただし、薄毛範囲が大きい場合には、移植する毛根が限られるので十分な対策をすることができません。

【人口毛植毛】
医療用に開発された人口毛を、植毛器具で頭皮に植えていく医療技術です。 人口毛なのでいくらでも植毛することができます。 そのため薄毛範囲が大きくても対策することができます。


AGAトップ > AGA(男性型脱毛症)の治療でも効果・改善がない場合について


AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療情報まとめサイト
Copyright (C)2006,2007 AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療情報まとめサイト
AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療情報まとめサイト All Rights Reserved
[運営サイト]
ペットうさぎ専門情報サイト うさぎといっしょ | 伊豆観光旅行スポット情報サイト | 起業・独立・開業・副業情報サイト | 行政書士 | AGA(男性型脱毛症)情報サイト