AGA(男性型脱毛症)以外の予防対策  AGA(男性型脱毛症)情報・対策

AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療まとめサイト(薄毛、頭髪、ハゲなど頭髪悩み)

AGA(男性型脱毛症)以外の予防対策

AGAトップ > AGA(男性型脱毛症)以外の予防対策



AGA(男性型脱毛症)以外の抜け毛の予防対策

脱毛に繋がる生活習慣ワースト3は、【偏食】・【運動不足】・【睡眠不足】といわれています。 AGAによる脱毛は先天的脱毛、生活習慣による脱毛を後天的脱毛となります。 これらを改善することで、脱毛を抑えることができると考えられています。 また、【タバコ・喫煙】や【ストレス】も脱毛の原因といわれています。 これらの生活習慣を改めることで、脱毛を予防することができます。 また、【適切な洗髪】【頭皮マッサージ】を行うことで、脱毛を予防することができると考えられています。

後発的脱毛症の原因とその影響

  • 食事→皮脂過剰、毛根の状態への悪影響
  • 睡眠不足→頭皮の血行、毛髪サイクルへの悪影響
  • 運動不足→頭皮の血行、皮脂過剰、毛髪サイクルへの悪影響
  • 喫煙・タバコ→頭皮の血行、毛根の状態への悪影響
  • 飲酒→肝臓でのアルコール分解のために毛髪原料のアミノ酸、ビタミン消費
  • ストレス→頭皮の血行、毛髪サイクルへの悪影響
  • 洗髪→毛根の状態への悪影響

AGA(男性型脱毛症)以外の抜け毛の予防対策食事→皮脂過剰、毛根の状態への悪影響

AGA(男性型脱毛症)以外の抜け毛の予防対策 高カロリーな食事

薄毛の原因に食事が影響していると考えられています。 日本で第二次世界大戦後に脱毛症が増加したといわれています。 その原因は食生活と生活習慣が変化したためという仮説がああります。

この仮説では、脂肪摂取量の増加、摂取カロリーの増加、 有酸素運動の減少など「西洋化」が男性型脱毛症の増加に関与したのではないかとのことです。

生活習慣に注意してインスリンレベルを低く保ち、 慢性的な炎症を減らすことが頭髪を守ることにつながると考えられます。

高脂質の食事はあまりよくないとされています。 揚げ物や肉類など脂質が多いため、頭皮の皮脂腺からの脂の分泌が多くなります。 この脂が毛穴を塞いで脱毛につながります。 もっとも、タンパク質自体は髪の毛の主成分でもあるため必要な栄養素です。

毛髪の素となる栄養素の一つに蛋白質があります。 納豆や大豆などは脂質を抑えて良質な蛋白質のみを摂取できます。

抜け毛を防止し、美しい髪を保つためには、ビタミンB群、蛋白質、ミネラル、 カルシウムを多く含んだ食品を摂る必要があります。 AGA対策、抜け毛予防に効果的であるといわれる食品には以下のものがあります。

まず、玄米胚芽、のり、わかめ、チーズ、卵、ピーナッツ、レバー、ビール酵母、牛乳等のビタミンB群は髪の毛の新陳代謝を促します。 魚、肉、大豆製品、卵等に含まれているタンパク質は、髪の毛の成長を補強してくれます。 貝類、ナッツ類、魚介類、等に含まれるミネラルは、髪の毛の発育を促します。 メラニン色素の合成し、牛乳、大豆、ひじき等に含まれるカルシウムは、メラニン色素を合成し、髪の毛につやを与えます。

髪の毛を作る栄養素であるメチオニンを多く含む食品を摂ることも有効と考えられます。 メチオニンを多く含んでいる食品は、果物、肉、野菜、ナッツ、マメ科の植物があります。 野菜では、ホウレンソウ、グリーンピース、ニンニク、トウモロコシ、ピスタチオ、カシューナッツ、インゲンマメ、豆腐、テンペなどです。 肉類では、鶏肉、牛肉、魚肉などです。

AGA(男性型脱毛症)以外の抜け毛の予防対策睡眠不足→頭皮の血行、毛髪サイクルへの悪影響

AGA(男性型脱毛症)以外の抜け毛の予防対策 睡眠不足

睡眠は髪の成長に重要なものです。 髪は睡眠中に最も成長します。 その時間帯は夜の午後10時から午前2時です。

睡眠不足や夜更かしの場合、この時間帯に髪が育たないため脱毛・薄毛になると考えられます。 睡眠不足だと、細胞が作られる時間内に就寝できずに毛細血管の血流が増えず、 頭皮を含めた皮膚全体に栄養が行き渡ることなく、結果脱毛につながります。

また、睡眠のときに成長ホルモンが一番多く分泌されます。 成長ホルモンは体の修復だけでなく、体毛の成長因子であるIGF-1などを増やす働きがあります。 したがって、増毛の効果もあるといえます。

つまり睡眠不足は育毛の時間を奪っていることになります。 したがって、夜の10時から11時には寝るようにしましょう。

AGA(男性型脱毛症)以外の抜け毛の予防対策運動不足→頭皮の血行、皮脂過剰、毛髪サイクルへの悪影響

AGA(男性型脱毛症)以外の抜け毛の予防対策 運動不足

毎日十分な有酸素運動を行なうとインスリンのベースラインは低くなります。 また、総テストステロンレベルや遊離テストステロンレベルもベースラインが低くなり、 DHTのベースラインも大きく下がることがわかっています。 一方、高いインスリンレベル(と恐らく慢性的な炎症)は脱毛症に関係があると考えれています。

血中インスリンのレベルを下げ、ストレスを減らすと、 性ホルモン結合蛋白(Sex Hormone Binding Globulin, SHBG)のレベルが上がります。 SHBGはテストステロンと結合し、血中の遊離テストステロンを減らす。 DHTに変換されるテストステロンは遊離型のみのため、DHTの減少につながります。 つまり、有酸素運動によってDHTレベルを下げることができます。

AGA(男性型脱毛症)以外の抜け毛の予防対策タバコ・喫煙→頭皮の血行、毛根の状態への悪影響

AGA(男性型脱毛症)以外の抜け毛の予防対策 タバコ・喫煙

喫煙することにより【ニコチンによる血管収縮】【一酸化炭素による酸素欠乏】【DHT増加】となり、 脱毛を促進することがわかっています。 さらに、ビタミンC破壊やてコラーゲン減少も引き起こします。

まず禁煙することは育毛にとって非常に重要であるといえます。

【ニコチンによる血管収縮】
「ニコチン」は血管収縮作用により血行を妨げます。 髪の毛は、頭皮の中にはある「毛根」から成長しますが、 その「毛根」の根尖(こんせん)部分は皮下組織の毛細血管と繋がってます。 タバコを吸うとニコチンの作用により、この毛細血管が収縮します。

血行不良を実感することはほとんどありません。 しかし、喫煙による血流障害は胃潰瘍や 十二指腸潰瘍の治療において治癒を遅れさせるほどです。

そして頭皮の毛細血管が収縮して頭皮の血流が悪くなり、毛根に十分な栄養がいきわたらなくなります。

そのため喫煙はニコチンによる血管収縮を引き起こし、脱毛を促進すると考えられています。 喫煙者は常に血液の流れが悪い状態にいることになります。

【一酸化炭素による酸素欠乏】
タバコが燃えると一酸化炭素が発生します。 タバコの煙に含まれる一酸化炭素は 4~6万ppmの濃度です。 喫煙により一酸化炭素が取りこまれると、一酸化炭素は強力にヘモグロビンと結合します。 一酸化炭素のヘモグロビンとの結合力は酸素に比べ240倍も強力なため、全身への酸素の運搬が阻害されます。 そのため、全身的な酸素欠乏を引き起こします。 喫煙者は常時酸欠状態にいることになります。

一酸化炭素による酸素欠乏により脱毛を促進すると考えられています。

【DHT(ジヒドロテストステロン)増加】
ハーバード大学公衆衛生学部の調査によると、喫煙がAGA(男性型脱毛)の原因である DHT(ジヒドロテストステロン)を増大させることがわかりました。 DHTは脱毛と最も関連する男性ホルモンで、テストステロンが5αリダクターゼの作用を受けて生成されます。 脱毛量や脱毛の速度は、 このDHT(ジヒドロテストステロン)の量が大きく関与していることがわかっています。

無作為抽出された1241人の米国人中年男性を、非喫煙者と喫煙者で比較した調査を行いました。 その結果、非喫煙者に比べ喫煙者の方がDHTは13%高いということが判明しました。 喫煙はAGA(男性型脱毛症)の原因であるDHTを高めることになります。

また、国立台湾大学のトニー・シィウ-シィ・チェンと極東記念病院のリン-フイ・スが、 Archives of Dermatology 誌 11 月号に喫煙と脱毛の調査を発表しました。 その調査は40から91歳、平均65歳の台湾人の740人の男性を2005年に行われました。

年齢と家族歴で調整後,中等度~重度のアンドロゲン性脱毛症(AGA)と喫煙習慣,現在 1 日20本以上の喫煙, 吸っているたばこの強さとの間に,それぞれ有意な正の相関が認められたと報告されています。

そして、喫煙はAGA(男性型脱毛症)のリスクを 77 パーセント増加させていると結論付けられました。 特に20本/日以上のタバコを吸う男性は AGA のリスクが 2 . 34 倍とされています。 喫煙量の増加とともに、症状が悪化するリスクが増加すると報告されています。

この研究では、AGA(男性型脱毛症)進行の加速を防ぐために、喫煙の悪影響に関する早めのアドバイスを受けるべきだと結んでいます。

AGA(男性型脱毛症)以外の抜け毛の予防対策飲酒→肝臓でのアルコール分解のために毛髪原料のアミノ酸消費

AGA(男性型脱毛症)以外の抜け毛の予防対策 飲酒・アルコール

飲酒によるAGA型脱毛の因果関係は証明されていません。 しかし、アルコールを肝臓で分解する際に大量のビタミンやアミノ酸を利用することで、 毛髪の原料となるアミノ酸を消費することにつながるため、 毛髪にプラスになることはないといえます。 特に円形脱毛症については飲酒が悪影響を及ぼすといわれています。

もっとも適度な量のアルコールはストレスの解消にも効果があり、血流の循環も良くなります。 結果的に頭皮が活性化されることもあるので、適度な量であれば、 いくらかのプラスの効果があるともいえます。

AGA(男性型脱毛症)以外の抜け毛の予防対策ストレス→頭皮の血行、毛髪サイクルへの悪影響

AGA(男性型脱毛症)以外の抜け毛の予防対策 ストレス

ストレスも脱毛の原因になることがわかっています。 ストレス性脱毛症と呼ばれており、円形脱毛症が有名です。 円形脱毛症は、ストレスによって自律神経のバランスが崩れ、ヘアサイクルが乱れることによって発症します。 強いストレス→自律神経の緊張→血管の収縮→頭皮の血行不良→抜け毛の増加と考えられています。

しかし、なぜストレスによって脱毛するのか、はっきりとしたメカニズムはまだわかっていません。 動物実験では過重なストレスをかけると半日程度で動物の毛が抜けた例もあります。 毛根の周りにはリンパ球が集まっているため、自己免疫疾患のひとつではないかという説が有力です。

ストレスの抵抗力は個人差があります。 ストレスを強く受け血管が収縮しやすい体質の人は、ストレスで細胞分裂が低下して細くなります。 その結果、ストレス性脱毛の場合には細くなった抜け毛が多く見られます。 場合によっては毛根の発育不全もみられます。

また、ストレスにより副交感神経が働かなくなり、体を休めることができなくなり、 睡眠時に頭皮の「毛穴、皮膚」を修復することができなくなって、髪が抜けやすくなるとも考えられています。

ストレス性脱毛を防ぐためには、その原因をなくすことが重要です。

AGA(男性型脱毛症)以外の抜け毛の予防対策洗髪→毛根の状態への悪影響

AGA(男性型脱毛症)以外の抜け毛の予防対策 洗髪

AGA(男性型脱毛)は主に男性ホルモンが影響し、その感受性などが関係します。 しかし、脱毛の原因はは男性ホルモンだけではありません。

髪や頭皮が汚れていると炎症などを引き起こしやすくなります。

皮脂は脂腺の細胞が脂肪化してできたもので、バクテリアにより分解され、 また毛包内の角質細胞と混じって塊になって分泌されてきます。

特に頭皮は皮脂腺が発達しているため過剰に分泌されるようになると脂栓となって溜まりやすく、 酸化すると過酸化脂質となってトラブルの原因になります。

『第56回 日本化粧品技術者会(SCCJ)研究討論会』では、 ライオン株式会社・ビューティケア研究所および生物科学センターが、 皮脂が酸化されて生じた過酸化物質が、脱毛を促進することを世界で初めて組織学的に確認することに成功した。」 と発表しています。過剰な皮脂は脱毛を引き起こします。

もっとも、皮脂を取り除きすぎてしまうのも頭皮によくありません。 皮脂を取りすぎると、頭皮が乾燥してフケが発生したり、雑菌が繁殖して頭皮に炎症ができやすくなります。 また、皮脂が取り除かれたことによって、より多くの皮脂分泌を招くこともあります。 皮脂はあくまで余分なものを落とすと考える必要があります。

そのため、適度な洗髪の方法を知る必要があります。 指の腹で洗うぐらいでちょうどいいのです。

基本、洗髪にかける時間は1分以内がよいといわれています。 つけおきにしたり、長い間洗っていると、皮脂を落としすぎになります。 頻度は1日に1回で十分です。1日2回以上洗うと皮脂のとりすぎになります。

頭皮にいきなりシャンプーをつけてあわ立てるのはよくありません。 事前にあわ立てておくとよいです。

1分以内を目安に指の腹で頭皮を洗います。 1分以内を目安に指の腹でほどよい力加減で頭皮をこすり洗います。

すすぎはしっかり行い、シャンプーの成分をしっかり落とします。 シャンプーの成分が残っていると炎症の原因になります。

濡れた髪はすぐに乾かします。 濡れたままだとお、頭皮に雑菌が繁殖しやすくなります。 また髪が痛みやすくなります。

AGA(男性型脱毛症)以外の抜け毛の予防対策マッサージ

AGA(男性型脱毛症)以外の抜け毛の予防対策 マッサージ

頭皮の血流が悪いために栄養が毛根にいかなくなることが脱毛の原因と考えられています。 そのため、血流をよくするために頭皮のマッサージが有効と考えられています。

もっとも、マッサージの力加減には注意が必要です。 マッサージで強くこすり続けると頭皮を傷つけることにもなります。 つまり、行き過ぎたマッサージは脱毛を促進してしまいます。 適度なマッサージを心がける必要があります。

指の腹で頭皮を押さえるようにして、若干力を入れて圧迫し、そして指を頭皮から放します。 これを繰り返すことで頭皮の血行がよくなります。 お風呂上りにやると効果的といわれています。 もっとも、マッサージした場合としない場合の脱毛状態を比較したデータは確認できません。 実際にどれほど効果があるかは未知数といえます。


AGAトップ > AGA(男性型脱毛症)以外の予防対策


AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療情報まとめサイト
Copyright (C)2006,2007 AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療情報まとめサイト
AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療情報まとめサイト All Rights Reserved
[運営サイト]
ペットうさぎ専門情報サイト うさぎといっしょ | 伊豆観光旅行スポット情報サイト | 起業・独立・開業・副業情報サイト | 行政書士 | AGA(男性型脱毛症)情報サイト