AGA(男性型脱毛症)チェック 医療機関、自宅検査キット、DNA検査

AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療まとめサイト(薄毛、頭髪、ハゲなど頭髪悩み)

AGA(男性型脱毛症)の原因について

AGAトップ > AGA(男性型脱毛症)チェックについて



>AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療まとめサイト(薄毛、頭髪、ハゲなど頭髪悩み)AGA(男性型脱毛症)チェック

AGA(男性型脱毛症)チェックは医療機関・自宅検査キットなどで行うことができます。 もっとも、AGAチェックを実施している医療機関は、ほとんどの皮膚科でプロペシアを処方しているのと比べて、 限られた病院でしか行われていません。

個人が簡単にAGAチェック受けるには、 AGA男性型脱毛症・遺伝子検査キット をネットで申し込みます。 AGAチェックは女性版の 女性版AGA(男性型脱毛症)遺伝子検査キット もあります。 価格は1万数千円程度なので、それほど高額でもなく、自宅で簡単に検査できます。

【AGA男性型脱毛症・遺伝子検査キット】

【女性版AGA(男性型脱毛症)遺伝子検査キット】

>AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療まとめサイト(薄毛、頭髪、ハゲなど頭髪悩み)AGA(男性型脱毛症)チェックの原理

AGAチェックは血液や毛髪のDNA配列を解析することによって、 AGA(男性型脱毛症)のリスクとフィナステリドの効果を判定する検査です。

X染色体のXq11-q12位置のAndrogen Receptor(AR遺伝子)における塩基配列の【CAG】および【GGC】の リピート(繰り返し)数を計測することにより、AGA(男性型脱毛)のリスクとフィナステリドの効果を判定します。

AGAの主な原因とされているDHTが毛乳頭細胞のX染色体上にあるレセプター(男性ホルモン受容体)に作用して、 毛髪の成長を抑止してしまうことです。

X染色体にはこのレセプターを覆い隠すような三次元構造を持つ特殊なDNA配列が存在します。 このDNA配列は「C,A,G」および「G,G,C」という三つの塩基が繰り返すことから「CAGリピート」「GGCリピート」と呼ばれています。 この構造の長さ(繰り返し回数)が長いとDHTが作用しにくくなるため、AGAのリスクが低いとされます。 逆に短ければ、AGAのリスクが高くなります。 また、この「CAGリピート」および「GGCリピート」の長さが長いと、DHT生成を抑えるフィナステリドの効果が低く、 逆に短ければ、フィナステリドの効果が高くなります。

AGAチェックは「CAGリピート」および「GGCリピート」の長さを測定するものであり、 血液または後頭部の毛髪を10本程度、ほおの内側の細胞等を採取して検査します。 「CAGリピート」および「GGCリピート」は年齢によって変化しないので1回だけです。

>AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療まとめサイト(薄毛、頭髪、ハゲなど頭髪悩み)AGA(男性型脱毛症)チェックの手順

【1.AGA男性型脱毛症・遺伝子検査キットの申し込み】

AGAドックというサイトで、AGA男性型脱毛症・遺伝子検査キットを申し込みします。 検査キットには使用期限があるので決められた期限までに提出する必要があります。

AGA(男性型脱毛)遺伝子検査キット00


【2.AGA男性型脱毛症・遺伝子検査キットの到着】

ネットで申し込むと、AGA男性型脱毛症・遺伝子検査キットがメール便で送られてきます。 キットの内容は、「検査用資料カルポーター(綿棒)」「検査申込書・AGAチェックシート(マークシート)」「AR遺伝子検査同意書」「返信用封筒」です。

AGA(男性型脱毛)遺伝子検査キット01


【3.書類への必要事項記入】

まず「検査申込書・AGAチェックシート(マークシート)」および「AR遺伝子検査同意書」に必要事項を記入します。 検査に当たって個人情報の観点から、同意する旨の署名捺印が必要になります。 また、簡単な質問に回答します。回答はマークシートにチェックをします。

AGA(男性型脱毛)遺伝子検査キット03


【4.検査用の細胞の採取】

検査用資料のカルポーター(綿棒)を「ほお」の内側にこすり付けて「ほおの内側の細胞」を採取します。 10分ほど放置して乾かした後、ケースに入れ、キャップをします。

AGA(男性型脱毛)遺伝子検査キット02


【5.返送】

「返信用封筒」に、「検査用資料カルポーター(綿棒)」「検査申込書・AGAチェックシート(マークシート)」「AR遺伝子検査同意書」をいれて、 コンビニなどで店員に渡して、メール便として返送します。 返信のメール便の料金はかかりません。


【6.検査結果の到着】

後日、検査結果が郵送されてきます。 内容は「男性型脱毛症 遺伝子検査 検査結果」および「AGAアドバイスブック」、「AGA対策商品の広告」です。

検査結果は以下の2つで、脱毛リスクおよびフィナステリドの感受性を判断しています。

【CAGリピート数】【GGCリピート数】→脱毛リスク
【CAGリピート数】→フィナステリドの感受性

AGA(男性型脱毛)遺伝子検査キット04

>AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療まとめサイト(薄毛、頭髪、ハゲなど頭髪悩み)AGA(男性型脱毛症)チェックのススメ

将来的な脱毛リスクおよびフィナステリドの効果を事前に知ることは、重要なことです。 これからプロペシア(フィナステリド)の服用を考えている場合には、事前にその効果を確認できますし、 現時点で脱毛の兆候がない場合でも、早い段階に検査しておけば、有効に脱毛対策することができます。

もし、AGAによる脱毛リスクが低い結果だとしたら、余計な脱毛に関する心配が減ります。 それだけでも、ストレスが減少して脱毛対策には有効だと考えられます。

以上の理由から、 AGA男性型脱毛症・遺伝子検査 女性版AGA(男性型脱毛症)遺伝子検査 は一度受けることをお勧めします。

【AGA男性型脱毛症・遺伝子検査キット】

【女性版AGA(男性型脱毛症)遺伝子検査キット】


AGAトップ > AGA(男性型脱毛症)チェックについて


AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療情報まとめサイト
Copyright (C)2006,2007 AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療情報まとめサイト
AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療情報まとめサイト All Rights Reserved
[運営サイト]
ペットうさぎ専門情報サイト うさぎといっしょ | 伊豆観光旅行スポット情報サイト | 起業・独立・開業・副業情報サイト | 行政書士 | AGA(男性型脱毛症)情報サイト