AGA(男性型脱毛)原因 DHT(ジヒドロテストステロン)遺伝、X染色体

AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療まとめサイト(薄毛、頭髪、ハゲなど頭髪悩み)

AGA(男性型脱毛症)の原因について

AGAトップ > AGA(男性型脱毛症)の原因について



>AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療まとめサイト(薄毛、頭髪、ハゲなど頭髪悩み)原因物質DHT(ジヒドロテストステロン)について

AGAの原因は悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)です。 このDHTは髪の毛の成長サイクルを阻害します。 その結果、髪の毛の成長期が短くなり、髪の毛が長く太く成長する前に抜けてしまいます。 そして、全体的に毛髪量が少なくなるので薄毛が目立つようになります。

実際に脱毛部分にはDHTが高濃度にあることがわかっています。 DHT発生から毛髪量現象の過程は以下のとおりです。

  • (1)男性ホルモン「テストステロン」が毛細血管をとおり毛乳頭細胞へ入ります。
  • (2)男性ホルモン「テストステロン」が、還元酵素「5αリダクターゼ」と作用
  • (3)悪玉男性ホルモン「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変換。
  • (4)DHTが毛乳頭細胞の核の中に進入し、毛乳頭にある受容体と結合し、髪を作り出す毛母細胞へ脱毛の指令を出す。
  • (5)悪玉ホルモンによる脱毛の指令を受けた髪の毛は、成長を止められる。
  • (6)DHTの影響で髪の毛の成長期が短くなり、毛が十分に成長する前に抜ける
  • (7)髪の毛の再生が追いつかなくなり、脱毛・薄毛になる。

男性ホルモンには【テストステロン】、【ジヒドロテストステロン】、【デヒドロエピアンドロステロン】、【アンドロステロン】、【アンドロステンジオン】などがあります。 一般的にAGA男性は総【テストステロン】レベルは低いとされています。 5αリダクターゼ(5-alpha-reductase)という酵素が、遊離テストステロンをDHTへと変換します。 そしてこのDHTが主に頭皮と前立腺に存在し、毛乳頭にある受容体に髪の成長を抑制してしまいます。 したがって、5αリダクターゼの活性は頭皮のDHTレベルを決定する要素となります。 また、FDAによって脱毛症の治療薬として認可されている5αリダクターゼの阻害薬(フィナステリド)の使用量を決める目安にもなります。

AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療まとめサイト(薄毛、頭髪、ハゲなど頭髪悩み)遺伝による影響

AGAには遺伝子が関与していると考えられています。 男性ホルモン受容体遺伝子(androgen receptor, AR)はX染色体上にあるため母方の祖父や祖母から遺伝します。 したがって、母方の家系に薄毛の人間がいるかが、重要な要素になります。 もっとも母方だけでなく、父方の脱毛が息子の脱毛に関連することも知られています。 下記のように遺伝的な要素はAGAの発症や進行に大きく関わっていると考えられます。

AGA(男性型脱毛症)遺伝学に基づく禿げ家系診察速見表

AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療まとめサイト(薄毛、頭髪、ハゲなど頭髪悩み)遺伝以外によるAGAへの影響 その1 【運動】

毎日の有酸素運動はAGAの防止になるという研究結果があります。 毎日十分な有酸素運動を行なうと、筋肉量の増加が目的の男性ホルモンレベルを高める短時間の 不定期な運動に比べて、インスリンのベースラインは低くなります。 また、総テストステロンレベルや遊離テストステロンレベルもベースラインが低くなり、 その結果、DHTのベースラインも大きく下がります。 また、ウエイトトレーニングにより遊離テストステロンレベルが下がったという研究も存在します。  

AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療まとめサイト(薄毛、頭髪、ハゲなど頭髪悩み)遺伝以外によるAGAへの影響 その2 【食事(炭水化物多量摂取)】

AGAには食事も影響されていると考えられています。 炭水化物多量の摂取が脱毛につながると考えられています。

性ホルモン結合グロブリン(sex hormone binding globulin, SHBG)は、 テストステロンと結合してその活性を抑え、DHTへの変換を抑制します。 したがって、一般的にSHBGレベルが低いとDHTレベルが高いとされています。

SHBGはインスリンにより下方制御(downregulate)されます。
したがって、【血糖値上昇】→【インスリン上昇】→【補助するインスリン様成長因子1(insulin-like growth factor-1, IGF-1)上昇】→ 【SHBG低下】→【DHT抑制されず、DHT増加】→【脱毛】となると考えられています。
炭水化物多量の摂取は、脱毛につながると考えられる理由のひとつです。

AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療まとめサイト(薄毛、頭髪、ハゲなど頭髪悩み)遺伝以外によるAGAへの影響 その3 【喫煙】

ハーバード大学公衆衛生学部の調査で、喫煙がAGA(男性型脱毛)の原因である DHT(ジヒドロテストステロン)を増大させることがわかりました。 DHTは脱毛と最も関連する男性ホルモンで、テストステロンが5αリダクターゼの作用を受けて生成されます。 脱毛量や脱毛の速度は、 このDHT(ジヒドロテストステロン)の量が大きく関与していることがわかっています。

無作為抽出された1241人の米国人中年男性を、非喫煙者と喫煙者で比較した調査を行いました。 その結果、非喫煙者に比べ喫煙者の方がDHTは13%高いということが判明しました。 喫煙はAGA(男性型脱毛症)の原因であるDHTを高めることになります。

また、国立台湾大学のトニー・シィウ-シィ・チェンと極東記念病院のリン-フイ・スが、 Archives of Dermatology 誌 11 月号に喫煙と脱毛の調査を発表しました。 その調査は40から91歳、平均65歳の台湾人の740人の男性を2005年に行われました。

年齢と家族歴で調整後,中等度~重度のアンドロゲン性脱毛症(AGA)と喫煙習慣,現在 1 日20本以上の喫煙, 吸っているたばこの強さとの間に,それぞれ有意な正の相関が認められたと報告されています。

そして、喫煙はAGA(男性型脱毛症)のリスクを 77 パーセント増加させていると結論付けられました。 特に20本/日以上のタバコを吸う男性は AGA のリスクが 2 . 34 倍とされています。 喫煙量の増加とともに、症状が悪化するリスクが増加すると報告されています。

この研究では、AGA(男性型脱毛症)進行の加速を防ぐために、喫煙の悪影響に関する早めのアドバイスを受けるべきだと結んでいます。


AGAトップ > AGA(男性型脱毛症)の原因について


AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療情報まとめサイト
Copyright (C)2006,2007 AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療情報まとめサイト
AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療情報まとめサイト All Rights Reserved
[運営サイト]
ペットうさぎ専門情報サイト うさぎといっしょ | 伊豆観光旅行スポット情報サイト | 起業・独立・開業・副業情報サイト | 行政書士 | AGA(男性型脱毛症)情報サイト