AGA(男性型脱毛症)の症状・特徴 M字、頭頂部、前頭部、生え際の後退

AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療まとめサイト(薄毛、頭髪、ハゲなど頭髪悩み)

AGA(男性型脱毛症)の症状・特徴について

AGAトップ > AGA(男性型脱毛症)の症状・特徴について



>AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療まとめサイト(薄毛、頭髪、ハゲなど頭髪悩み)AGA(男性型脱毛症)とは

AGA(エージーエー)とは男性型脱毛症のことで、主に男性に見られる脱毛のことです。 女性でもAGAになる場合があり、FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれます。

悪玉男性ホルモンのDHT(ジヒドロテストステロン)の作用が脱毛の原因です。 男性ホルモンは胎児期と思春期の男性生殖器の発達に重要であり、 また男女ともに毛髪の成長と性欲に重要な働きを持ちます。 そのため、AGAは遺伝的な要素が大きく、世間一般でいわれている頭皮ケアでは効果は全くありません。

AGA(エージーエー)の人は全国で1260万人おり、そのうち何らかのケアを行ったことのある人は650万人と言われています。

進行性のため、何もせずにほうっておくと髪の毛の数は減り続け、徐々に薄くなっていきます。 そのためAGA(エージーエー)は早めのケア・対策が重要です。

AGA(男性型脱毛症)の症状 AGA(男性型脱毛症)の症状2

>AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療まとめサイト(薄毛、頭髪、ハゲなど頭髪悩み)AGA(男性型脱毛症)の特徴・症状

AGAの典型的な経過では脱毛はこめかみの上から始まります。 そして、生え際の後退により特徴的な「M字」パターンとなり、 さらに頭頂部の毛髪は細くなり、薄毛や禿髪となります。 他にも、頭頂部から薄くなるタイプ、これらの混合タイプなどがあります。

AGAは抜け毛・うす毛がゆっくりと進行していくのが特徴です。 DHTの影響で、毛包が十分に成長しないため、髪の毛が太く長く育たないうちに抜けてしまいます。 そのため、髪の毛の成長サイクルが短くなり、新しい毛が育つ前に既存の毛が抜けます。 結果として、全体的に毛髪量が減っていきます。

AGA(エージーエー)では、うす毛になっていても、うぶ毛は残っている場合があります。 毛包が存在している限り、髪の毛は太く長く育つ可能性があります。 治療をすれば、毛髪量が回復する可能性は十分にあります。  

>AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療まとめサイト(薄毛、頭髪、ハゲなど頭髪悩み)女性版AGA(男性型脱毛症)

AGA(男性型脱毛症)とありますが、実は女性にもAGAの症状が出る場合があります。 もっとも男性と異なり、女性の場合には生え際ラインは変わらずに、 頭頂部・前頭部を中心に頭部全体の毛髪が細くなります。 完全な禿髪になることは稀です。

しかし、近年女性の薄毛も増加傾向にあり、女性用のAGA対策商品なども開発・販売されています。

AGA(男性型脱毛症)の女性の症状 AGA(男性型脱毛症)の女性の症状2

AGAトップ > AGA(男性型脱毛症)の症状・特徴について


AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療情報まとめサイト
Copyright (C)2006,2007 AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療情報まとめサイト
AGA(男性型脱毛症)情報・対策・治療情報まとめサイト All Rights Reserved
[運営サイト]
ペットうさぎ専門情報サイト うさぎといっしょ | 伊豆観光旅行スポット情報サイト | 起業・独立・開業・副業情報サイト | 行政書士 | AGA(男性型脱毛症)情報サイト